NAISHO

誰にも言えないデリケートなお悩み・コンプレックス解消情報サイト

急激なダイエットで起こる怖いこと

1539views

Share Button

少しぽっちゃりしていることが気になって急激なダイエットをしていませんか?
体重を落とすのであれば少しずつ落としていかなければなりません。
急激に体重を落とせば、怖いことが起こるかもしれません。

健康的な体系を維持しよう

少しでも痩せたいと思っているかもしれませんが、痩せすぎは魅力的ではありませんし、不健康そうに見えます。また病気を誘発してしまうことも考えられるのです。

過度のダイエットで栄養失調に

急激合ダイエットを繰り返していると、どんどん不健康になってしまいます。標準的な体系なのに「太っている」と思い込み過剰なダイエットをしたり、ダイエットが成功し周囲から褒められたり羨ましがられることに満足感を得ていませんか?強い満足感を覚えると、次第に食事をしなくなってきます。さらにもっと痩せて周囲から褒められることで「食べないこと」を選択してしまうのです。過度の体重減少の身体は栄養失調の状態に陥り、腎臓や心臓の働きを阻害し、やがては全身的な機能不全を引き起こしてしまうでしょう。

適正な体重

心身ともに健康な状態を維持するために適正な体重は、適正体重=身長(m)×身長(m)×22 で算出されます。18.5未満 低体重(痩せ型)、18.5~25 普通体重 、25~30 肥満(1度) 、30~35 肥満(2度) 、35~40 肥満(3度) 、40以上 肥満(4度)となっています。またどのくらい痩せているか、または太っているかの判断基準になるので自分の値を算出してどの程度の体型であるかを確認しておきましょう。

体重減少の注意の目安

体重を減らす場合、急激に減らせば体調が悪くなってしまいます。徐々に減らしていかなくてはなりません。

1か月あたり-2kgを目安に

もともとの体重にもよりますが、「肥満体重」の減量は-2kg/月を目安に行いましょう。食事制限や運動をして徐々に痩せているのであればいいのですが、何もしていないのに体重がどんどん落ちている場合には、病気が潜んでいる可能性がありますので医療機関に相談してみましょう。1年間に5Kg以上の体重減少があると、生理が止まるケースもあるともいわれています。

若い女性の体重減少は社会問題に

フランスでファッションモデルの痩せすぎが問題となり、BMI=18以下のモデルは起用しないというニュースが話題となったことがありました。若い女性は細いのに自分が太っている、もっと痩せなければならないと感じています。行き過ぎた「痩せ志向」は体調不良を併発してしまいますし、問題視されています。

急激な体重減少で起こる不具合

急激な体重減少は様々な体調不良をきたします。急激なダイエットをしてしまうといろんな危険が副作用として起きることがあるのです。体調不良はもちろん、抜け毛や体臭などの副作用が起きることもあります。すぐに痩せたい気持ちはわかりますが、急激なダイエットは避けましょう。

生理不順に

元の体重が少ないにも関わらず無理にダイエットをしてしまうなど、体重の減り方によって生理不順が引き起こされます。生理がこなければ、妊娠も難しくなります。1番怖いことは、このような生理不順や無月経が続くと、生理が再開するまで時間を要すことです。時間がかかれば、子宮や卵巣が萎縮して機能が衰えることもあります。

肌荒れや、顔のくすみ

急激な体重減少によって、生理に必要なエストロゲンの分泌が減少すると、骨密度が低下し、骨がもろくなります。ニキビなどの肌荒れや、顔のくすみなどのトラブルが発生することもあります。

冷え性に

急激な体重減少で体内の筋肉が減少してしまうと、エネルギーを燃やす力も弱くなり、冷え性の原因になります。

皮膚のたるみ

急激にダイエットをして体重を落とすと皮膚のたるみの原因になってしまいます。体だけがたるむのではなく、痩せて頬の脂肪が落ちてほうれい線が目立つようになってしまう場合もあるのです。急激なダイエットによって痩せる事で、本来元に戻るはずの皮が戻りたくても脂肪の減少スピードに追いつけず結果的に残ってしまうことで皮膚のたるみは生じるのです。

貧血

急激なダイエットは貧血も引き起こします。急激なダイエットによる鉄分不足が関係しています。鉄分が不足する事で貧血だけに留まらず、肌の調子が悪くなってしまったり生理不順へ繋がってしまう事もあります。

肝脂肪

急激に体重を減少させると肝臓に脂肪が集まりやすくなってしまいます。脂肪肝は肝臓がんへと繋がる本当に最初の段階とも言われるくらい恐ろしいものです。急激なダイエットにより栄養不足やリバウンドを繰り返す事でも脂肪肝に繋がることが分かっています。

薄毛

急激なダイエットと薄毛は関係があります。ダイエットによって栄養摂取が少なくなった場合、髪の毛にまで必要な栄養が送られてこなくなってしまいます。その結果薄毛となってしまうのです。薄毛にならなくても、髪が細くなったりツヤがなくなったりすることもあります。

体臭

炭水化物抜きダイエットなどで糖不足で起きてしまう原因の時はケトン体というものが影響していて体臭が強くなってしまうのです。さらに、血行が悪くなった事で起きる乳酸菌過多からくるものがあります。これが原因の場合は汗をかいた際などにアンモニアが汗と一緒に出てきてしまうという事が起きてしまいます。

まとめ

急激な体重減少は体の不調をきたします。ダイエットは長期間かけてゆっくりと痩せていくのが良いと言われるのも体への不具合を出さないようにするためなのです。健康を維持するためには「適正体重」を目安にし、適度な運動を取り入れながら「体重」だけでなく健康な身体づくりを心がけましょう。

Share Button

NAISHOについて