NAISHO

誰にも言えないデリケートなお悩み・コンプレックス解消情報サイト

「妊活」に大切なこととは

646views

Share Button

妊娠できる力があるかどうかを確認することは大切です。
自分の生理周期を確認しましょう。不規則であるかどうか、整理の量が多すぎないか少なすぎないか、生理痛が重いかどうかも確認してみましょう。

妊娠をしたいなら自分を知ることから始めましょう

妊活をする前には自分のことを把握しておきましょう。妊娠できる力があるかどうかを確認することは大切です。

生理周期を確認する

自分の生理周期を確認しましょう。不規則であるかどうか、整理の量が多すぎないか少なすぎないか、生理痛が重いかどうかも確認してみましょう。生理が不規則で出血の量も通常より多すぎたり少なすぎたりする、さらには生理痛が重すぎる場合には卵巣に異常がある場合があります。妊活を進めていく前に一度きちんと婦人科で見てもらった方がいいでしょう。

冷え性ではないか?

冷え性ではないでしょうか?冷え性の人は妊娠がしにくい体つきになっています。冷え性であるなら冷え性改善のために体を冷やさない飲み物や食べ物を摂取して代謝を上げましょう。

女性ホルモンを減らさない生活をしているか

規則正しい生活をしているのでしょうか?不規則な生活はホルモンバランスを崩してしまいます。夜更かしをしたり、バランスの悪い食事をしていたり、喫煙をしたり、長時間パソコンを使いすぎているとストレスが大きくなります。その毛間ホルモンバランスが乱れてしまうでしょう。妊娠を進めるためにはホルモンバランスを整えることが大切です。

基礎体温を測りましょう

自分の基礎体温を測ることで妊娠がしやすい時期がわかります。3か月間は毎日規則正しい時間帯に基礎体温を測りましょう。

基礎体温を測って基礎体温表を書きましょう

毎朝根が冷めてから、そのまま動かずベッドに寝たままの姿勢で基礎体温を測りましょう。女性の基礎体温は、基本的に低温期と高温期の2層になっています。その低温期と高温期を知るために基礎体温を測るのです。低温期と高温期がきちんと分かれていればホルモンや生殖機能に異常がないことがわかります。

排卵日が予測できる

基礎体温を着ければ排卵日を予測することが出来ます。自分でも予測するk十が出来ますが、はっきりとこの日だろうと予測してほしい場合には医師に基礎体温表を見せましょう。排卵日が大体わかれば夫婦関係を持つことで自然と妊娠が出来る可能性が高まります。

妊娠しやすい体作り

妊活をするのであれば妊娠しやすい体作りを始めましょう。妊娠を望んでいるのになかなか妊娠が出来ないのには原因があるのです。一つ一つ原因を取り除いて正していくことで妊娠の確率が大きくなるのです。

アルコールを飲みすぎない

アルコールを飲みすぎると体を冷やしてしまいます。体を癒すと妊娠しにくくなってしまうので、ほどほどにしておきましょう。

葉酸を取る

葉酸は妊娠後から必要とされる栄養素です。食事からはなかなか摂取できないのでサプリメントなどで取り入れるといいでしょう。妊娠する前から葉酸サプリを飲んで赤ちゃんの健やかな健康づくりをサポートしましょう。

タバコを吸わない

タバコの習慣がある人もいるでしょう。妊娠を望むのであればタバコはやめましょう。タバコを吸うと血流が悪くなります。血流が悪くなれば身体の冷えをjy徴してしまいますから妊娠しずらくなってしまいます。

ストレスをためない

妊娠を望むならストレスをため込むことはやめましょう。ストレスを抱えた込んだままでは妊娠しにくい身体にしてしまいます。また妊娠を望んでいるのになかなか妊娠できないでいることが余計にストレスとなってしまうでしょう。あまり考えすぎないようにゆったりとした気持ちで妊活を行うことも大切です。

夫婦関係

夫婦関係がよくないことには子作りもできません。この日が妊娠しやすいからと言って義務的に行っていてはお互いにストレスに感じてしまいます。だいたい決められた日があるとしてもその日付近異臭©ヴゅ宇して行うのではなく、普段から仲良く触れ合っておることも大切です。

まとめ

妊活を始めるなら少しでも早く妊娠したいという気持ちはわかります。しかし焦りは禁物です。妊娠を望むならゆったりとリラックスした気持ちで臨みましょう。焦れば焦るほどストレスや不安な気持ちとなるので余計に妊娠しにくくなってしまいます。妊娠を望むなら生活習慣を見直すことも必要です。

Share Button

NAISHOについて