NAISHO

誰にも言えないデリケートなお悩み・コンプレックス解消情報サイト

自宅で出来るバストアップケア術

Share Button

エステに行ってバストアップをすることもできますが、お金や時間がかかってしまいます。
自宅でできるバストアップの方法を知っているといつでも気軽にバストアップが出来るでしょう。

バストアップしやすい体にチェンジする

バストアップをするならバストアップが効果的にできる体にしていきましょう。

体温を上げて代謝をよくする

入浴をいつもシャワーだけで済ませていないでしょうか?面倒でも湯船につかって体を温めましょう。冷えやすい体を改善していくことでバストアップがしやすくなるのです。

お湯の温度はあまり熱すぎてはいけません。肩までしっかりと浸かりたいので40度程度のお湯の温度が最適です。じんわりと汗をかくくらいの温度にして体温を上げていきましょう。

基礎体温を上げる

基礎体温がもともと低い人がいます。基礎体温が低いと代謝が悪いですし、血流も悪くなってしまいます。健康的になるためにも基礎体温を上げる工夫をしていきましょう。

36.5度~37度がホルモンの分泌を促すのに最適な温度だと言われています。足首野暮中を温めることで体温はアアップしますから家にいるときには冷やさないようにレッグウォーマーを着けたり腹巻をして体を温めましょう。

体を冷やさない

冷たい飲み物ばかり飲んでいると体を冷やしてしまいます。体を冷やす飲み物は控えましょう。

固まった筋肉をもむ

年々二の腕や背中に脂肪がついてたくましくなったと感じていませんか?これはバストから流れた脂肪がついていっているのです。固まっている筋肉をもみほぐして行きましょう。リンパの流れも良くなるのでバストアップのサポートになります。

自宅でできる簡単バストアップエクササイズ

自宅で隙間時間にできる簡単なバストアップのエクササイズを紹介します。

毎日取り入れて自然にバストアップをしていきましょう。

肩回し

肘を外に向け手の指先を肩の上に乗せます。肘で大きく円を描くように、左右20回ずつまわせば肩周辺の筋肉がほぐれていきます。筋肉をほぐしてからエクササイズを行うと効果的にバストアップをしていくことが出来ます。

大胸筋を鍛える

バストの下にある大胸筋を鍛えるとバストアップが出来ます。テレビを見ながらでもできるのが合唱のポーズです。胸の前でお祈りのポーズをしてそのまま手を前に出して体から離します。息を吐きながら、手のひら同士を強めに押し合います。そのままの状態を10秒間キープしたら頭上に高く持ち上げて肘を伸ばし、このまま10秒キープします。これを毎日行えば大胸筋が鍛えられます。

腕立て伏せ

腕立て伏せも大胸筋を鍛えるのには有効です。両膝をつけて行う腕立て伏せや壁に手をついて行う腕立て伏せを取り入れてもいいでしょう。お腹にきゅっと力を入れながら行うと全身の引き締めにも効果があるので大胸筋を鍛えながらシェイプアップにもなります。

ダンベル

ダンベルを持ち上げることでバストアップが出来ます。ダンベルは100円ショップに売っているようなもので大丈夫です。ダンベルを両手に持ち、足を肩幅に開きます。ダンベルを持った手を顔の前で合わせます。次にひじを曲げたまま、ゆっくりと左右に開いていきます。これを繰り返すだけです。ゆっくりと時間をかけて行うことでヨリ強く筋肉に効いていくでしょう。

毎日の生活に取り入れて気軽にバストアップ

エクササイズは簡単にできますが時間を作らなければなりません。面倒な人は飽き性の人などは続かない恐れもあるでしょう。毎日の生活の中に取り入れることで自然にバストアップが出来る方法もあります。

下着

バストアップが出来る下着に変えましょう。矯正下着であれば値段は高いですがつけているだけで脇や背中に流れていった脂肪をバストに戻すことが出来ます。

食べ物

毎日の食事を見直しましょう。バストに良いとされる利用その入ったものを積極的にとるようにすればバストアップに有効です。女性らしい体つきになるためには女性ホルモンが必要不可欠です。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、毎日の食事に取り入れるとバストアップが叶うでしょう。

バストアップサプリメント

いろいろなメーカーからバストアップサプリメントが販売されています。バストアップサプリメントにはバストアップに恋鵜化のある成分が入っているので、食事からだけではなかなかとることのできない成分を取り入れることが出来ます。

まとめ

エステに行ってバストアップをすることが出来なくても自宅で手軽にバストアップをすることは可能です。多くのお金をかけなくても毎日地道に努力することでバストアップはできるのです。隙間時間にできるものもあるので是非試してみてください。

Share Button

NAISHOについて