NAISHO

誰にも言えないデリケートなお悩み・コンプレックス解消情報サイト

自然妊娠を実現するタイミング法

376views

Share Button

なかなか自然に子供が出来ないときにタイミング法を取り入れると、自然妊娠が実現できるかもしれません。ここでは、タイミング法について詳しく説明します。

タイミング法を成功させる

女性は、排卵予定日前後が最も妊娠しやすい時期です。その時期にタイミングを見計らって性交渉をして妊娠の可能性を高めることが出来ます。

女性の排卵日を知る

基礎体温を測って排卵日を知ることが出来ます。自分で行う方法では不安だという場合には病院で調べることも可能です。検査をすれば正確な排卵周期がわかりますし、いつタイミング法を行うべきかもわかります。

成功率は100%ではない

排卵日を知って妊娠しやすい時期がわかったとしてもタイミング法を行えば100%妊娠できるわけではありません。確率的には自然妊娠と同じ割合です。20%程度の割合で妊娠できるのです。

タイミング法の回数は?

タイミング法はどの程度行えば妊娠することが出来るのでしょうか?どの程度回数を重ねればいいのでしょうか?

タイミング法の回数

自然に妊娠する確率は20%程度です。タイミング法も自然殷賑と同じ程度の確率ですから5回行えば妊娠できる確率は高いです。逆に5回行っても妊娠できない場合は、自然妊娠は難しいかもしれません。5回タイミング法を行っても自然妊娠しない場合にはほかの方法に切り替えることも考えた方がいでしょう。

成功率を上げるには

タイミング法で成功率を上げるためにも、排卵日をきちんと特定しておくことです。排卵日があいまいだと、妊娠の確率は低くなってしまいます。自分で調べても不安な場合には検査を行えば排卵日がわかります。

男性にはストレスに感じる?

タイミング法を強要することは男性側にとってはストレスに感じ、夫婦二人の仲が険悪になることもあります。

男性はデリケート

男性は女性に比べてデリケートです。そのため、この日に仲良くしたい!と思っても気分が乗らなければストレスに感じてしまいます。雰囲気が高まってから仲良くしたいのに、7義務的に行うことに反発を覚える人もいるのです。

女性のストレス

タイミング法を実施する日なのに、帰りが遅いと女性は7イライラしてしまうでしょう。月に一度のチャンスなのにと思うかもしれませんが、月に一度しかないと考えるからストレスとなるのです。排卵日は目安であるだけと考えて、月に2~3回仲良くしても構わないのです。

まとめ

タイミング法を夫婦二人で行うことは、つい女性側が積極的になりすぎて男性側に強要してしまいがち。一方がストレスに感じてしまいます。これでは二人の思いが実現できなくなってしまいます。お互いに思いやりの気持ちを持ち、愛の気持ちがあればタイミング法も成功しやすいでしょう。

Share Button

NAISHOについて